館内イベント/Events schedule inside store

<会期>2015年10月1日(木)〜13日(火) ※水曜定休日
<会場>銀座かわの屋 (アンティークモール銀座 1F)

クリックすると拡大します

★見どころ★
≪鈴木先生の作品≫
自然の景色の中で目にされたものを自由な切り取り方で型染の世界に盛り込まれ豊かな感性で表現された作品。メルヘンティックな物語性のある図柄の中の今にも動き出しそうな動物たちの生き生きとした表情を見る楽しさ。
≪小島先生の作品≫
古代の模様からの取材であったり計算されたデザインを更に練り直して技法は型絵染にかぎらず絞り染めや木版染も加えられ男性的な目線で視覚効果を追求する均整の取れた幾何学模様を手仕事で表した面白さ。

同じ型絵染の世界でも対照的なお二人の作品の個性の違いを楽しくご覧頂けたらと思います。

プロフィール
鈴木紀絵 1929年、東京生まれ。
62年 故・芹沢銈介氏が主催する「このはな会」に所属。染色を始める。
74年 「国展」初入選。
76年 「国展」にて前田賞受賞。
82年 国画会会友になる。
    現在は国画会準会員。茅ケ崎に工房を構える。


小島貞二 1949年、東京生まれ
67年 染色作家の父・小島悳次郎につき染色を始める。
73年 日本民藝館奨励賞。
77年 個展活動を開始。
79年 国画会新人賞。88年より国画会会員。
    72年より20数年度渡印。インドの染織に造詣が深いことでも有名。世界各国で活躍中。






同時開催「工芸作家作品展 2015」
お店中にカラフルで楽しい型絵染の花が咲きます。
今回は鈴木先生・小島先生の作品以外にもご覧の型絵染の作品をはじめとする工芸作家作品を多数取り揃えて開催いたします。


クリックすると拡大します



プレゼント当選番号発表!



<会期> 2015年9月1日(火)〜8日(火)
<会場> アンティークモール銀座 全館 および ANNEX にて
     ※9月2日(水)は定休日ですが、一部の店舗をのぞき営業いたします。

クリックで拡大します。

アンティークモール銀座も2015年9月1日にておかげさまで14周年を迎えます。感謝の気持ちを込めて開館13周年記念大感謝祭を開催いたします。<ケースフロア大セール>や、恒例の<プレゼント企画>も開催されます。皆様のお越しをお待ち申し上げております。


<プレゼント企画>
各店選りすぐりのアンティークの品々を、プレゼント!
アンティークモール銀座のすべてのお店で5,000円以上お買上げごとに、プレゼントの大チャンス!プレゼントは館内各店の店頭に展示いたします!どうぞご期待下さい!
※ご応募は最終日9月8日(火)午後2時にて〆切ます。抽選会は同じく最終日9月8日(火)午後4時から館内B1Fにて行います。当選発表は、館内掲示の他、HPでも発表いたします。

<ケースフロア大セール>
●大好評!均一セール開催!
●50%offの特別コーナーも出現!


<会期>2015年7月2日(木)〜8月16日(日)
<会場>アンティークモール銀座 B1Fケースフロア

店主 大隅氏が全国の蚤の市をまわり、40数年かけて集めた骨董コレクション。
その中から人気の動物ものにスポットを当てて展示販売いたします。
ジャンル・地域 を問わずに集めた、ユーモラスな動物たちを是非お楽しみください。


クリックで拡大します


<会期>2015年6月20日(土)〜30日(火) ※水曜定休日
<会場>銀座かわの屋 (アンティークモール銀座 1F)
※詳細…銀座かわの屋HP<イベント情報>

クリックすると拡大します

伝統的な紅型の両面型附けの技法を用いた「両面染め」の作品は非常に高い技術と時間を要するものです。その高い技術と洗練されたデザインで創られた素晴らしい作品は見る人の心を惹きつけます。
それにより重要無形文化財「紅型」保持者に認定された玉那覇有公氏、その技術の跡を継ぐために染織の道に入られたご子息である有勝氏。 技術を受け継がれても独自の個性を作品に盛り込むことに努力され、工芸展でも高い評価を受けられています。
両氏のすばらしい作品の数々を展示販売いたします。

プロフィール
玉那覇有公 日本工芸会正会員 1936年 沖縄生まれ
1961年 より城間栄喜氏に師事され、独立後70年代から沖展、日本伝統工芸展などに出品、数々の受賞を重ねられ96年には重要無形文化財「紅型」保持者に認定されました。1998年 紫綬褒章受章。
玉那覇有勝 日本工芸会正会員 1968年沖縄生まれ
2001年に公務員をやめ、玉那覇紅型工房に入られて創作活動をはじめられます。その後早速才能を発揮、第55回日本伝統工芸展「新人賞」をはじめ、第56回「奨励賞」など数々の賞を受賞されています。



同時開催「琉球紅型展」
豊かな表現力と多彩なモチーフでお店いっぱいに「紅型」の花が咲きます。
期間中は「紅型」の他、沖縄地方に関連した宮古上布・芭蕉布・花織などの織りの作品も豊富に取り揃えて展示販売する予定です。
また、金城昌太郎さん、城間栄喜さんの珍しい作品も展示いたします。是非この機会にご覧くださいませ。
※商品をお買上げの方には玉那覇工房オリジナル半衿や和装小物が当たる抽選会も予定しております。


    



クリックすると拡大します


<プロフィール>

城間栄順
玉那覇有公氏と並んで琉球紅型の第一人者のおひとりでもある日本工芸会正会員・城間栄順氏の作品が沢山揃いました。
こちらにご紹介させて頂きましたものは、当店で生地と色をリクエストしてつくって頂いたもので、少し個性的な作品となっています。

伊差川洋子
東京女子美を卒業。鎌倉の浦野理一に師事されて染織をはじめられ、その後沖縄で40年以上紅型染めの研究・創作を続けられています。
紅型の祖形「浦添型」について研究を重ねられています。
その浦添型復元でも第一人者であり、染めにはこだわりの蒟蒻糊によるもので彩りも鮮やかにくっきりと輝いて、デザインにも個性があふれています。今回は4月に工房をおたずねしてお願いした、 お洒落で楽しい作品が出来あがってまいりました。

宮城守男
1978年沖縄県生まれ2000年奈良芸術短期大学染織専攻科卒業後「城間紅型工房」にて城間栄順氏に師事
独立後「琉球紅型 守紅」を開き第57回沖展「浦添市長賞」第58回沖展「沖展賞」をはじめとして数々の賞を受賞され、第57回日本伝統工芸展 初出品入選。現在日本工芸会準会員でもあり糸満に
工房をおかれ創作活動を続けていらっしゃいます。
今回は葛布とからむしに染められた珍しい作品が2点揃いました。


クリックで拡大


<会期>2015年6月4日(木)〜28日(日)
<会場>アンティークモール銀座 B1Fケースフロア

マイセン・ロイヤルコペンハーゲン・ロイヤルウースターをはじめとするヨーロッパ陶磁器をメインに特別価格でご提供。新入荷商品を中心に20%・30%・50%OFFのセール価格にて販売いたします。

「オールドテームズアンティーク」さんがロンドンより来店!
来店予定日:6月6日(土)・7日(日)

今回のセールの出品者の1人でもあるイギリスの業者さんが来店されます。
品物についてのお話を直接聞ける貴重な機会ですので、ぜひお出かけください。


お電話でのお問い合せはこちら

電話番号:03-3535-2115