館内イベント/Events schedule inside store

出雲織 青戸柚美江 米寿の祝い記念展

<会期>2015年2月5日(木)〜15日(日) ※水曜定休日
<会場>銀座かわの屋 (アンティークモール銀座 1F)

クリックすると拡大します

大地の恵みである木綿、そして藍や草木の力を借りてその芸術は実現します。
季節のうつろい、風の音、水の流れ、そして星や街の灯に見立てられた白く美しい絣。
デザインには必ずと言って良いほど様々な身近にあるテーマが盛り込まれています。

創作活動を何十年も続けられ、そして米寿となられた現在も明るくお元気で新作を発表され続ける力強さ、多くの人にたくさんの感動を与え続けていらっしゃる青戸柚美江さんの驚くほどの多彩な作品の数々をこの機会に是非ご覧ください。

青戸柚美江 プロフィール
1927年米子市生まれ。
19歳で安来市の青戸家の8人兄弟の長男に嫁ぐ。
大家族の生活を切り盛りし支えながら織りの仕事に携わる。
地元の織を研究、そして創作を続け、30代で早くも伝統工芸展入賞を重ね、その後「出雲織」を確立。
安来市の観光と交流拠点施設でもある工房にはこれまでに多くの研修生を受け入れ、現在も「織」の後継者の育成にも尽力されています。
ある時は家族の経済の支えであり、ある時はご自分の励みでもあり、そして自然からのメッセージを世に伝える大切な手段でもある「織」という手仕事 それは青戸柚美江さんの長きに渡るライフワークでもあります。

<講演会>
◆ 6日(金)、7日(土) 、8日(日) 各日午後2時より
青戸先生にご来場いただき、染めや織りのお話をしていただく予定です。
ご参加をご希望のお客様は「銀座 かわの屋」(TEL 03-3538-7066)までお問合わせください。
※「美しいキモノ」に掲載の日程に変更がございます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご了承の程お願い申し上げます。 
ご希望のお客様には、2月1日(日)より作品をご覧いただけます。


エントリーリスト

ピックアップリスト